2007年09月24日

キバナアブチロン

キバナアブチロン
南米原産の常緑低木です。
6月から10月頃にかけて花を咲かせますかわいい
写真は、黄色の花ガ咲く品種ですが、アブチロンにはいろいろな品種があって花の色も様々です。
日本では鈴のような形のかわいい赤い花をつけるチロリアンランプがよく知られていまするんるん
熱帯花木ですが、日本でも育てやすく霜が降りなければ越冬もするようですぴかぴか(新しい)
Au`
アブチロン
2007.9



9月24日の誕生花:ホウキグサ(謙虚)


posted by ゆずりの at 21:16| 福岡 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

シロハギ

シロハギ
ハギ(萩)は、マメ科ハギ属の落葉低木です。秋の七草の一つにふくまれています。日本のほぼ全域に分布しています。
古くから日本人に親しまれ、万葉集で最もよく詠まれる花でもあるそうです。
シロハギは白花が咲くハギです。

ハギは秋の花ですが今年はまだまだ残暑ですもうやだ〜(悲しい顔)
話によると今日の福岡は35度でしたが、昨年の今日は26度くらいだったとのことです。10度も差があるなんてびっくりですあせあせ(飛び散る汗)
VnM
シロハギ2007.9

9月19日の誕生花:ヘチマ(悠々自適)
posted by ゆずりの at 21:40| 福岡 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

モミジアオイ

モミジアオイ
・葵(あおい)科フヨウ(ハイビスカス)属です。
7月下旬頃〜9月上旬頃までハイビスカスのような鮮やかな赤い花を咲かせます。
「紅蜀葵」(こうしょくき)とも呼ばれています。
寒くなると葉など上部は枯れてしまいますが暖かくなると
また芽吹いて花を咲かせます。
070810_111845_M.jpg

モミジアオイの花も福岡ではそろそろ終わりを迎えます。夏も終わっていよいよ秋ですね。朝晩は秋の様子をうかがわせるようになりましたが、まだまだ暑い日が続いていますあせあせ(飛び散る汗)
9月、10月は子供たちの運動会などたのしいことがたくさんありますわーい(嬉しい顔)
今日からブログも復活していろいろな秋の植物を紹介していくのでよろしくお願いします。


9月15日の誕生花:マリーゴールド(予言)



posted by ゆずりの at 21:48| 福岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

1ヶ月ぶりです。

1ヶ月ぶりのブログですあせあせ(飛び散る汗)
みなさんからたくさんのコメントありがとうございました。
コメントもお返しできず申し訳なく思っています。
ごめんなさいふらふら
ご心配おかけしてすみませんでした。
夏休み中はどうしても子供たち中心でPCにむかうことができませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)現在は、2学期がはじまりましたが、今日、明日と地元のお祭りで明日の出店の準備に追われていますダッシュ(走り出すさま)

来週末にはブログ再開する予定ですわーい(嬉しい顔)
秋に向けていろいろな樹木・花を紹介していきますのでよろしくお願いしますぴかぴか(新しい)
posted by ゆずりの at 23:40| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

自由研究

1年生の娘が、ネムノキの葉はなんで眠るのか?
というのを自由研究にしたので、昨日まで手伝っていましたあせあせ(飛び散る汗)
調べる方法は、観察と図鑑などで調べました。
1年生で自由研究をするのは親も協力しなければならないので、とても大変でしたが、本人は大満足でしたわーい(嬉しい顔)

ネムノキの葉が閉じる理由は…
・害虫から身を守るため
・花を目立たせるため(花は夜に開くので)
と考えられていることがわかりました目

仕組みは…
小葉の付け根(葉枕)の細胞の膨圧が昼と夜とで変化するからだそうです。

来年はどんな自由研究をするのでしょう。楽しみですが簡単なものにしてほしいです。

8月6日の誕生花:ノウゼンカツラ(名声、栄光)

posted by ゆずりの at 23:03| 福岡 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

ネムノキ(緋ネム)


マメ科ネムノキ属の落葉高木です。
夜や暗いところに置くと葉を閉じる姿が眠っているようなことから、「ネムノキ」と呼ばれるようになったそうです。
ネムノキは子守唄もありますねるんるん
緋ネムはネムノキの品種で真っ赤な毛のような花弁がみられる個性的な花木です。
南国の花木なので、日本全国で見られるようになりましたが、寒さに弱いのが欠点ですあせあせ(飛び散る汗)
緋ネムはとても弱いのでハウスの中でもかれてしまうことがあります。
070715_074027_M.jpg

7月29日の誕生花:サボテン(暖かい心)



posted by ゆずりの at 22:13| 福岡 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

もう?琉球ハギ

リュウキュウハギ

マメ科ハギ属の落葉低木です。秋の七草の一つとして、古くから日本人に親しまれ、万葉集で最もよく詠まれる花です目

秋の七草の一つですが、5月〜6月に1度咲き、9月〜10月にかけてもう1度咲く二期咲き性の樹木ですかわいい秋を代表するイメージがありますが、秋とはいえちょっと早く咲くので秋の紅葉の時期には花は終わっていますもうやだ〜(悲しい顔)

今日紹介するリュウキュウハギは、他の萩より遅く咲く品種で他の品種のハギが満開の頃から咲き始めます。なので秋らしいハギですわーい(嬉しい顔)残念ながら秋に1回しか咲きませんが、木全体に紫色の花を咲かせるので、とてもきれいですぴかぴか(新しい)
070724_193144_M.jpg
リュウキュウハギ
2007.7


最近の長雨で天気がよくなかったので、リュウキュウハギに花芽が付いていました。植えてからそろそろ10年経ちますが、始めてこの時期に花芽が付きましたグッド(上向き矢印)
だいたい8月のお盆の頃に剪定するとちょうど10月頃に咲き始めるので、このままにしておくかどうか迷っています。切らないと家の道をふさいでしまいますもうやだ〜(悲しい顔)でも、花が咲くのかどうかも見てみたいしバッド(下向き矢印)

7月25日の誕生花;インパチェンス(あざやかな人)
posted by ゆずりの at 23:10| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

チャドクガ

日記
またまた、ツバキ&サザンカにチャドクガが発生しましたふらふら
今年はこれで2度目exclamation×2例年なら2度目は9月ごろに発生しているのですが…この分だと3度目なんてこともあせあせ(飛び散る汗)
チャドクガは脱皮した殻に触れるだけども大変なことになるので子供たちにも注意しなければひらめき
さっそくチャドクガ除去exclamation皆さんもきをつけてください

今日から夏休み、初日からバタバタですたらーっ(汗)
posted by ゆずりの at 20:51| 福岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

フランクリンツバキ咲きました(^^)

フランクリニア・アラタマハ

ツバキ科フランクリニア属の落葉性花木で1属1種の樹木です目開花期は晩夏初秋と言われていますが、今咲きはじめていますかわいい花はナツツバキに似た白い大輪花でとてもきれいですぴかぴか(新しい)
ツバキ科の中ではもっとも寒さに強い品種で、晩秋の紅葉(赤橙色)も素晴らしく、美しいですわーい(嬉しい顔)

原産はアメリカですが、自生地では絶滅してしまっていますもうやだ〜(悲しい顔)
今では栽培種でしかこの花を見ることができません。
070715_134138_M.jpg
フランクリニア・アラタマハ
2007.7

写真では、花はナツツバキによく似ていますが、樹形や葉の形などはぜんぜん似ていません。
自生地ではすでに絶滅してしまっているので、大事に育てていこうと思っていまするんるん

7月16日の誕生花;ハス(神聖)

日記
今回の連休は台風が来たので、あまり家から出ませんでした。今回の台風はとてもつよかったので被害がないか心配でしたが、あまりたいしたことがなくてほっとしています。今日の新潟の地震ではかなり被害が出ているみたいですが、原発もあるので心配ですがく〜(落胆した顔)
posted by ゆずりの at 21:47| 福岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

ハナゾノツクバネウツギ(アベリア)

ハナゾノツクバネウツギ

今日は、アベリアの花が咲いていたのでUPしますわーい(嬉しい顔)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に説明が載っています。以下はその引用です。

アベリア(Abelia)とは、スイカズラ科ツクバネウツギ属 Abelia に属する植物の総称、または、ツクバネウツギ属の中のAbelia X grandifloraの学名を持つ交配種を指す。

本来、アベリア(Abelia)とはツクバネウツギ属のラテン名であるが、園芸的には、学名A. X grandifloraが指す植物をこの名で呼ぶのが普通である。 この植物は、中国原産のタイワンツクバネウツギ(A. chinensis) とA. unifloraの雑種と言われている。ハナツクバネウツギあるいはハナゾノツクバネウツギとも呼ぶ。

低木で、春〜秋のかなり長期に渡って、鐘形の小さい花を多数咲かせる。花の香りは非常に強い。公園などの生け垣によく使われる。日本列島の関東以西では真夏の酷暑の時期に花をつける在来植物が少ないため、この時期にはアベリアの花に多様なハチやチョウが吸蜜に集まる。

070706_154652_M.jpg
アベリア:エドワードゴーチャ
2007.7

アベリアは本当に身近な植物になっていますわーい(嬉しい顔)6月ごろから秋まで長期間花を咲かせ続けてくれますかわいい
アベリアには多くの園芸品種が出回っていますが、その中の1つ、エドワードゴーチャを紹介しますわーい(嬉しい顔)きれいなピンクの花を咲かせます。特にこれと言って手間もかからず育てやすいです。

7月13日の誕生花;ガクアジサイ(紫青)(謙虚)

日記
台風…来るみたいですがく〜(落胆した顔)早い…早すぎる〜exclamationまだ7月ですよたらーっ(汗)かなり強いみたいなので、とても心配ですたらーっ(汗)
明日は、たぶん外に出ないで1日が過ぎるのを待つでしょう。あまりひどくない事を祈るだけです。
posted by ゆずりの at 22:30| 福岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。